意外と簡単だった!アンティーク家具を長持ちさせる手入れの仕方

アンティーク家具は普段のお手入れが大事!

お気に入りのアンティーク家具って何十年も使いたいですよね。しかしアンティークと聞くと、一番頭によぎるのは普段のお手入れ方法でしょう。そんなお悩みを持つ皆様へ意外と簡単なアンティーク家具を長持ちさせる方法をご紹介したいと思います。

毎日のお手入れは乾拭きで大丈夫!
アンティーク家具であっても家具は家具なので基本的なお手入れは普通の家具と同じです。ですから毎日のお手入れは乾拭きで大丈夫なんです。もちろん、汚れてしまった部分やシミ等を水拭きすることもできます。ただしここで注意することは、汚れやシミ等で水拭きする際は水分を出来る限り少なくし、水拭き後にすぐ乾拭きをしましょう。出来る限り熱や水を取り除くことがアンティーク家具を長持ちさせることに繋がります。

経年変化で更に魅力的なアンティーク家具に!

アンティーク家具を長持ちさせる方法について紹介しました。ただ以上のことを気をつけてお手入れしていただいても、多少の変化は起こることがあります。ただそれはアンティーク家具の持つ大きな魅力でもあります。アンティーク家具は使い込むほどに味が出る「経年変化」をします。通常の家具であれば傷や汚れがつくと、みすぼらしくなったり、汚いと感じ、買い替えを検討するかも知れません。しかしアンティーク家具ではその傷や汚れもオイル塗装や修理をすることで美しい経年変化に繋がります。そうして何十年も使われた家具は味わい深い風合いになり、いつまでも美しいままです。これから家具を新調される際は、アンティーク家具を取り入れて、何十年と一緒に歩まれてはいかがでしょうか。あなたの成長を見守ってくれますよ。